2ピースインプラント・1ピースインプラントについて

インプラントは顎の骨にチタン製の人工歯根を埋入する治療です。人工歯根は骨と結合するので、天然歯と同じようにしっかり安定した歯を作ることができます。埋入した人工歯根の上部には、セラミック製などの人工歯が装着されます。セラミックの歯は天然歯と見分けがつかないほど綺麗に仕上がります。

インプラントは構造の違いによって大きく二つに分けられます。インプラント治療を受けられるうえで知っておかれると役立つでしょう。

インプラントは人工歯根・土台・人工歯の3つのパーツでできています。
人工歯根は骨に埋入するネジのようなパーツで、土台は人工歯根と人工歯をつなげるパーツです。人工歯は一番上に被せる歯の部分です。

2ピースタイプは人工歯根と人工歯を土台に分かれているタイプです。人工歯根をまず骨に埋入し、数ヶ月後に土台をネジで連結させます。人工歯根と土台が分かれているので患者の口腔内の状態に応じて土台を選択できます。もし治療箇所に強い衝撃を受けたとしても歯茎から出ている土台に力がかかってネジが折れるので、人工歯根へのダメージを避けられる可能性があります。

1ピースタイプは人工歯根と土台が一体となっているタイプです。ネジが無い構造なので、ネジが緩んだりする恐れがありません。顎の骨の厚みが十分なケースで適用が可能で、手術が一度で済みますが、顎の骨に埋入された方向で人工歯の角度がほぼ決まってしまうため、前歯のような審美性を求める部位にはあまり使用されません。

ブリッジとインプラントで迷われている方へ

歯を失った時の治療法にはブリッジやインプラントなどがありますが、どちらの治療法がいいのか迷われる方が多いようです。

インプラントは残っている歯への負担がないということがメリットのひとつです。あごの骨に人工歯根を埋入して歯を作るため、他の歯を削って支えにする必要がありません。

骨は刺激を与えていないと骨量が減ってしまいます。インプラントの場合、インプラントと骨がしっかり結合して骨へ刺激が伝わるので骨量が減りません。

インプラントの治療期間は人工歯根と骨の結合する時間が必要なため、トータルで半年程度かかります。ブリッジの治療期間は約1~2ヵ月と短く済みますが、両隣の健康な歯を削って土台にするので負担が大きく、土台の歯の寿命を短くしてしまう可能性があります。

費用面に関してはブリッジは保険適用の条件を満たしていれば比較的安い治療費で治療を受けられますが、治療する歯の場所や歯の素材によっては自費治療となります。インプラントは自費治療となります。

治療後のケアはブリッジはある程度すき間があり、汚れが溜まりやすいので、スーパーフロス(デンタルフロスにスポンジのついたもの)で清掃しなければなりません。インプラントは、歯ブラシとデンタルフロスなど自分の歯と同様のケアをおこないます。

歯を失った時にそれぞれの治療法のメリット・デメリットをしっかり知って、理解・納得したうえで方法を選択し、治療を開始することが重要です。

歯周疾患にならないために

あまり知られていないかもしれませんが、歯周疾患は歯を失う大きな原因になっています。歯周疾患にかからないために、一番手近で簡単なのが、「歯みがきをきちんとする」ということです。歯みがきをいいかげんにしていると、歯と歯ぐきの間にたまった食べ物のカスが歯周病の原因になるからです。

歯みがきは個人個人の歯並びによって違う部分もありますが、歯ブラシの先などをうまく使って食べ物のカスを上手に取り除きましょう。歯と歯ぐきの間は、歯ブラシを45度の角度で当てて、すき間のよごれをかき出します。ここは歯周病予防のために大変重要な部分です。歯と歯の間は、歯ブラシを縦にして使うとよいでしょう。歯並びが悪く歯が重なっているいわゆる八重歯などの場合は、この重なっている部分からむし歯になりやすいので要注意です。歯の表面は、歯ブラシを直角に当てて小さな動きでみがきます。ローリングで歯ぐきをマッサージするのもいいですね。ひとくちに歯みがきと言ってもいろいろなやり方があり、ご自分の歯並びに合ったやりかたできちんとみがくことが大切です。

むつ市では、平成25年度も歯周疾患検診を予定しています。対象は40歳・45歳・50歳・55歳・60歳・65歳・70歳という節目の年齢の方で、無料で受けられるそうです。5歳刻みということで、きめ細かい対応になっていますね。対象になる方は、この機会を活用して、ご自分のお口の状態を確認しておきましょう。

マタニティーセミナーが開催されます

妊娠したらお腹の赤ちゃんに栄養が取られるから歯が悪くなる・・・って聞いたことありませんか。でもこれは真実ではありません。

確かに妊娠して歯の具合が悪くなるということもありますが、それはお腹の赤ちゃんにカルシウムを取られているせいではないんです。身体のホルモンバランスが変化したり、つわりのせいで食事を少しずつ何度も取るとか、気持ち悪くて歯みがきも満足にできないとか、いろんな原因があります。

また、産後も赤ちゃんのお世話に気をとられて、自分のことどころではなくなってしまいますね。でもこの時期歯みがきをおろそかにしてむし歯を作ってしまうと、赤ちゃんがいる生活の中で大変な思いをして通院しなければならなかったり、通院できずにむし歯を進行させてしまうということにもなりかねません。
妊娠中にはお口の中の衛生に気をつけて、健康な歯を保ちたいですね。

青森市と青森市歯科医師会では、妊産婦の方のために、マタニティーセミナーを開催しています。平成25年度も全6回開催予定で、妊娠と歯の衛生のことや、赤ちゃんの歯についていろいろなことを学習できます。

より快適にマタニティー生活を送り、安心して赤ちゃんのお世話ができるように、妊娠中に受講されてはいかがでしょうか。

インプラントで注意する食生活

インプラント治療は、歯を失った顎の骨に、チタン製の人工歯根を埋め入れます。

埋め入れた人工歯根と、人工歯をネジやセメントで固定するため、しっかりと咀嚼することができ、自分の歯があった頃のように食事をすることができます。
また、「入れ歯」や「歯が無い状態」では噛みきることが難しい食品もありますね、治療後にはそういった食べものもストレスなく食べられるようになります。

食事のスピードがあがって食生活を楽しむことができます。また、しっかりと噛み砕くことができますので、胃や腸などへの負担が少なくなり、全身の健康維持にも役立ちます。

しかし、固すぎる食品を食べると、人工歯や埋め入れた人工歯根が破損する恐れがあります。注意したほうがよい食べ物にはどんなものがあるのでしょうか。治療後に注意する食物として、

氷・飴・穀・種・堅焼きせんべい ・固めのパンやお菓子

栗やナッツ類などの固めの殻や、梅干しの種なども、歯で噛み割らないようにしましょう。

極端に固い食品も念のため注意しましょう。食べる際は、小さく割るか、飲み物で少しふやかしましょう。

初春に鏡餅を固めて、延年を祝う

 初春に鏡餅を固めて、松柏の類とともに飾って延年を祝い、後これを食べる。歯固(はがた)めというのだそうです。

 歯固めというと赤ちゃんが噛んで歯ぐきを固める、歯固めが頭に浮かびました。赤ちゃんが健やかに長寿をまっとうできるようにという願いもあったのですね。

 長寿を祈る行事に「歯固め」というのがありますが、この行事は平安時代初期に中国から伝えられたようです。昔中国では、歯を丈夫にし長寿を祈るならわしがあったようで、歯を齢という意味に解して、歯を固めることが長寿のもとになると考えられていたようです、齢を固めて長寿を願ったのだそうですね。 

日本では、平安時代の初期頃からこの様な行事が行われるようになったと考えられ、936年に成立した紀貫之の『土佐日記』や紫式部の『源氏物語』にも歯固めのことが書かれているようです。最初の頃は、宮中行事でしたが、やがて民間に伝わり、正月の雑煮餅を祝う風習へと変化していいたようです。

十和田駒フェスタ

十和田市は10月頃になると紅葉も見ごろだと思います。 今年の紅葉は9月の冷えこみで一段と綺麗だとか。 十和田市で開催されるフェスタの情報です。

十和田駒フェスタ

開催期間:2012年10月13日~14日 開催場所青森県十和田市 中央公園緑地

十和田観光電鉄「十和田市駅」からバス「十和田市役所前」下車http://www.city.towada.lg.jp/kankou/event/aki.htm

十和田市は古くから馬の名産地として知られています。 疾走する馬上から的めがけて弓を射る流鏑馬や十和田ジャンプ選手権。 ちびっこ乗馬ショー、体験乗馬、馬車運行などが行われるようです。 やはり見どころは「流鏑馬競技選手権」です、全国各地の流鏑馬競技の上位入賞者が一堂に集まり日本一を決定するそうです。

インプラントは、医師、ペル・イングヴァール・ブローネマルク博士が偶然発見

インプラントは、1952年にスウェーデンのルント大学の医師、ペル・イングヴァール・ブローネマルク博士が、チタンと骨が完全に結合する事を動物実験にて偶然発見したことから始まりました。

1960年代にはいり、犬の顎にインプラントを埋め込む実験を行いました。

結果、早期に力を加えるとインプラントが緩んでしまい、3~6ヶ月安静にしておくと骨と密着することを発見。

一度、骨と密着したインプラントには大きい力を加えても抵抗できることが分りました。

ブローネマルク博士は、この発見を人体に応用できないかと研究し、インプラントに利用する方法を開発したそうです。

インプラント治療の基礎となり、現在、安全性や実用性を確立したインプラント治療は、世界各国で普及しています。

医療先進国のアメリカやスウェーデンでは日本の10倍もの普及率を誇っているそうです。

日本でも最近はインプラントを選択する患者さんが増えてきているようですね。